2021年10月3日日曜日

【旅と日々の布展】ー1枚の布が織りなす物語ー

 秋晴れが続く表参道。

オーロラグラン表参道SHOPでは10/7(木)より

「日々と旅の布展」が始まります。

世界を旅して導かれたインドで

ビンテージや手仕事の生地からものづくりを続ける”pokipcee(ポキプシー)

今展では、ポキプシーの布にまつわるアイテムを展示販売いたします。

主宰のHITOMIさんがかつてバックパッカーで世界を巡り

”強烈な印象を抱いた”というインド。

以後、導かれるように何度も訪れるように・・・

こうして2017年よりスタートしたポキプシー。
年に3回、インドに滞在し買い付け、
現地の小さなファクトリーで
職人さんたちと共に
ビンテージや手仕事の生地をつかった
様々な商品を製作されています。
こちらは「グドゥリー」または「ラリーキルト」とよばれる布。
古くから使用されてきた様々な布を
何枚も併せて刺し子を施したもの。
1枚1枚広げて
なんと1000枚以上の中から選びだすのだそう!
HITOMIさんがじっくり選んだグドゥリーは
オーロラグランにも並びます。
表と裏で雰囲気が全く違うこともあるのが面白いところ。
1枚の中に様々な表情が織り交ぜられています。
広げてラグとして、ベッドカバーやソファーに。
私はもっぱらキャンプやピクニックのお供に。
掛けたり、敷いたり、包まったりと便利に使えます。
自宅でお洗濯できる手軽さも魅力のひとつです。
星をみつけました。
穴が開いたらまた布を合わせて刺し子を施す。
こうして生活に根差した布は、
ものを大切にする心で受け継がれてきたのでしょう。
きっと1枚1枚に物語があるのでしょうね。
じっくり吟味して自分だけの1枚を見つけたくなります。

インドの民族衣装サリーを2枚重ね
刺し子で合わせた「シルク カンタストール」
軽くてふんわり暖かく、真冬でも重宝。


インドの遊牧民
「ラバリ族の壁掛け」
インテリアのアクセントや目隠しに。

ウズベキスタンで買い付けされた
ヴィンテージの「スザニ」
「Suzani」=針
美しい刺繍のスザニで作られた
bagも並びます。
入荷するとすぐになくなってしまうという
人気のbagは全てポキプシーオリジナルです。
気になる方は、ぜひお早目にどうぞ!

こちらでご紹介したのはほんの一部。
布展ではたくさんのアイテムが並びます。
またSNSで追ってご紹介して参りますね。

美しい手仕事の品々は
ひとつとして同じものはありません。

秋深まる表参道へ、
お気に入りの1枚をさがしに
ぜひお出かけください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「旅と日々の布展」
会期:10/7~10/17(水曜定休)
場所:オーロラグラン表参道SHOP
時間:月火木金 13:00~19:00
    土日 11:00~19:00

ポキプシー/HITOMIさん在廊日
9日/16日 13:00~16:00
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

皆様のお越しを心よりお待ちしております。